TOPICS

最近の出来事 >> 記事詳細

2017/08/07

平成29年度 外科手術体験セミナーin十和田

| by サイト管理者26

弘前大学附属病院主催で、7月1日(土)に外科手術体験セミナーが本校を会場に行われました。生徒は、①自動縫合器コーナー、②形成外科コーナー、③手術室体験コーナー、④腹壁縫合コーナー、⑤腹腔鏡コーナー、⑥皮膚縫合コーナー、⑦超音波メスコーナーという7つの体験ブースに分かれ、20分ずつ順番に体験しました。



① 自動縫合器コーナー

手術時の切る、縫い合わせるという作業を専門機器を用いて体験するコーナーです。機器を使用するときには「ファイヤー!」という掛け声を合図として行います。





② 形成外科コーナー

ここでは実際に洗浄作業を行いました。生理用食塩水を使い、絵の具の塗られた生肉を洗浄しました。その洗浄力は凄まじく、べったり塗られた絵の具がみるみるうちに落ち、生徒も驚きを隠せない様子でした。




③ 手術室体験コーナー

手術室体験コーナーでは、手術室の様子を実際に体験しました。ドラマでよく見かける医師が看護師に「メス」と言って手渡ししてもらうシーンも実際に体験しました。看護師さんが医師役の生徒が持ちやすいようにメスを渡してくれたので、歓声が上がっていました。



④ 腹壁縫合コーナー

ここでは実際に針と糸を手にとって縫う作業を体験しました。裁縫で使用するものとはまったく違う道具ではありましたが、徐々に慣れ、うまく縫うことができていました。




⑤ 腹腔鏡コーナー

ここでは実際の医療機器を使い、色のついた穴に同じ色の棒を挿す練習をしていました。モニターに映る手の動きと実際の動きの感じ方の差に戸惑っていました。また、機器を使い、穴に針を通す練習も行われていました。こちらも手で縫う感覚との違いに戸惑いながらも奮闘していました。



⑥ 皮膚縫合コーナー

ここではスポンジを皮膚に見立てて縫い合わせるという体験をしました。どのようにしたらうまく縫うことができるのかを教わりながら、一生懸命取り組んでいました。





⑦ 超音波メスコーナー

ここでは、超音波メスを実際に使用しました。鶏肉をピンで留め、超音波メスを使い切断しました。20分という限られた時間の中でうまく切断できたペアには大きな拍手が起こり、お互いに健闘を称え合っていました。


11:22